FC2ブログ

記事一覧

センター夏葉を想定したサポート選択、Viの感謝祭育成について

※垂れ流しメモみたいな感じなので過度な期待はできません。グレ7のみ想定しています


まずは5人の育成の際のサポート選択
今の編成だと果穂と凛世が同じ構成ですが、それ以外は微妙に異なっています
役割を持たせる事を意識したサポート選びが重要

~サポート選択~

【固定】 駅真乃・花めぐる

【選択枠(上位)】 ナッツ・冬優子・パーク・闇鍋・はみてん・指咲耶・ハロー・灯織・限定霧子

※一覧にないアイドルも充分使えるが、上記のアイドルが居る場合はお手伝いに回した方が育成面では効率が良い

古いサポートアイドルでも、高ステータスのアイドルを作ることができるのは感謝祭の魅力のひとつ
このような初期サポートだらけの編成でも、高いステを目指す事は可能

tGob8uRM.jpg

夏葉以外は選択枠からはナッツ・ハローのどちらかは編成したい
ライブスキルはこの2枚から選択するのが最も立ち回りやすい

・ナッツ 
Viを先行で落とすスタンダードな立ち回りと最も相性が良い
高倍率パッシブが魅力でライブスキルもハローと違って裏目がほとんど無く、軸に据えやすい

・ハロー
ナッツと異なりメンタル関連のデメリットはない
ライブスキルは癖があり、裏目もあるが噛み合った時の火力貢献度は高く
大きく凹んだ所も落とせるチャンスを作れるのはナッツにはできない芸当

8vdO-oDo.jpg

SJF1KnFy.jpg

この2枚のサポートはViの二大巨頭と言っても差し支えない

『次点』 闇鍋・パーク・冬優子
優秀なスキルではあるが、得意パターンのViTAを取る過程で火力不足に陥る事も多い

~育成面から見た選択枠~

・ナッツ
感謝祭ではトラブルガードが光る
本来の強みであるエクセレントブーストはWINGほど役に立たない上にアイデアがトークなので、トータルでの育成貢献度はやや低め
    
・ハロー
強いと言えるスキルは皆無だが、感謝祭の仕様上WINGよりもテンションマスタリーSPを活かしやすい為、全く役に立たないという事もない
貴重なViアイデアとライブスキルの枠を両立できる点が優秀

・はみてん
アイデアがトークじゃなければエースになれた。育成面ではまだまだ現役

・闇鍋
アイデアがトークじゃなければエースになれた2号
同じアイデアの甜花と比較すると、感謝祭ではWING以上に運要素が強い代わりにハイリターン

・冬優子
アイデアが偉すぎるVi育成の新エース。高山がViアイデアが手薄なのをわかってて金儲けする為に送り込んだ刺客
筆者はこれに大金を投下し、既に何個も虹ピースになっている為毎日泣いている。高山許せねぇよ

・灯織
トラブルガード、体サポ、Viマスタリーと必要なものが一通りそろった優等生の上、確定枠の真乃めぐるのユニットマスタリーを引き出せる超優秀サポ
選択枠の中でも上位

・ヒーローインザパーク
体サポ5のViアイデアであり優秀。体サポ5ある時点で育成面では同じアイデアのハローより数段強い。

・限定霧子
ユニークスキルであるサポイベ発生アップは感謝祭で有用なのは間違いないがEXに拘っていればカバーできる上、劇的な変化が在る訳ではない。体力サポートなどの明確な強スキルを持っていないにも関わらずアピールがトークなのは致命的
しかしマイヒーローなどと同じく最近の限定サポの通例でSP50で上限50追加開放できるのが大きな魅力で、奇跡的に育成が上手くいけば1番強いアイドルを作れる可能性を持っている

・指咲耶
有用なスキルを揃えた優等生だがアイデアという概念が無ければはみてんや灯織の下位互換
それでも自分はセンターである夏葉を育成する時によく採用している。アイデアがアピールである事がこのサポートの全てと言ってもいい
この枠替えられる限定サポ出してくれたら課金するよTKYM

ivAk_5zO.jpg

10月の強化合宿期間内の試行回数1回で完成した、感謝祭パッシブ持ちの夏葉
目標は1400なのでめちゃくちゃ良い出来という訳ではないが、約束でノートを埋める事を重要視した編成なら試行回数を減らす事が出来る
※感謝祭では、約束で指定された場所に初期編成のサポートが集合しやすい仕様がある

Vi2アピール2構成は本命ノートを約束で埋めやすく、絆10のアピールが2人いる事でコンプリートボーナスでのSP供給も安定する
※コンプリートボーナスと絆の相関性を知らない人は「シャニマス 感謝祭 絆」などでググってみよう

目標は+ノートを埋めた1400なので、この後は果穂を灯織にするかこのままの編成で何回か育成してみたい

c87spHdY.jpg

約束でのノート埋めを重視したEX構成。サポは絆とイベアップでほぼ統一している。

(10月25日 追記)
この記事を書いて夏葉をすぐ更新できたので一応編成載っけておきます。VoDOWN時もツモれました
SPをユニットマスタリーで補えるなと感じたので指咲耶→灯織に変更
やはりViアイデアは初期に2枚あった方が安定するのでパークは残しました。オススメの編成です

I7LDO44f.jpg

~金パッシブ面から見た選択枠(採用の可能性があるもの)~

・ナッツ
PLを最も安定させやすい前半特化バフ。フェスマス特化でもなければ個人的に必須
必然的にパネル初手の条件:夏葉を満たすので思い出の際に7%が発動してしまう事もあるのが僅かなデメリット

・はみてん
元祖Vi思い出用パッシブ
まだ使えるレベルではあるが、30%台は既に思い出ターンで枠を取るにはきつい数字になりつつある

・ハロー
はみてん同様既に思い出ターンで枠を取るにはきつい数字だが、Viを落とすのにはそこそこ役立つ上、王道のPLパターンでは思い出の際に発動する事もないので、結果的にはまぁまぁ優秀な部類と言える
ただ道中の7%がきつい系統で、金枠も絶対欲しいものではないのでパッシブを採用する際はほぼライブスキルとセット

・パーク
高倍率な上PLを狙う夏葉の立ち回りと相性抜群だが、重なるとメン死や早期での目押し難化もあるので限定咲耶と異なり背水のリスクを背負う必要のない夏葉では採用数に気を付けたい
また、夏葉の場合ではパネル初手の条件:果穂を満たしてしまうのが地味ながら残念な点で、2つの点で積みすぎに注意

・冬優子
金パッシブは癖があるように見せかけて実はかなり使いやすく、夏葉ではきらきらロマンやランウェイなどで引き出すことが出来るのでかなり有用
道中の7%はどちらも思い出にかかりにくくVi担当を選べば完全シャットダウンできる点も優秀。採用する上で全くデメリットがない上冬優子自身も優秀なので全てのアイドルで採用したい
自分の動画を見るとよく発動しているのがわかると思います

上記を踏まえて自分の手持ちでできる最善のサポート選択をしてみましょう
自分がやりたい動きから逆算してパッシブやライブスキルを選択する事が重要。正解はありません

~パッシブ番外編~

①感謝祭のパッシブ

Viで狙う感謝祭パッシブはボーカルDOWN時とビジュアルDOWN時の50%。ほぼ5T専用パッシブと思って良い

きらきらロマンを撃っていれば発動条件を満たすのは難しくなく、30%と40%なのでなかなか信頼できる
大事なターンに発動しないこともザラなイルミネパッシブを補完するのに丁度いい

特に狙いたいのがボーカルDOWN。ビジュアルDOWNの方が発動確率が高くフェスマスター狙いではこちらの方に分があるが、夏葉の基本はVi先行のPLの為、ボーカルDOWN時にお世話になる事の方が圧倒的に多い

筆者は感謝祭パッシブと冬優子を積み始めてから目に見えて安定感が増しており、厳選する価値はある

②迂回について

Viのパッシブはイルミネを中心として手数が勝負なので終盤に出る可能性のある7%(5%)は極力避けたい
取る順序は誤差なのでそこまでナーバスにならなくても良いが、「取らない」という選択は大事。使い込むと低倍率を減らす事の重要さがよくわかる

自分に可能な範囲で取捨選択を…

[条件:5T以降] 全ての場合で邪魔になるので極悪

[条件:スター10以上] 夏葉の王道パターンに絡むので避けたいが、フェスマスだけを狙う漢なら気にならない

[条件:1~3位] 2~3位はフェスマスを狙う場合、条件1位はPLを狙う場合によく満たす

[条件:放クラのキャラ] これはどうしようもない所だが、同じくらいの序列で迷ったら放クラじゃない方を選ぶのもアリ

[条件:メンタル74%以下] 思い出に絡みやすい。PSSRが21%UPの方で持っていることも多く正直邪魔

[条件:スター9以下] 優秀な部類に入るが、仮にメンタル75%以上などとの択が取れるならこちらをカット

[条件:メンタル75%以上] かなり優秀な部類に入るが、冬優子のように中央に条件担当を持つ最近のアイドルは中央ルートを通っても良い

【Viの感謝祭育成で意識する事、特化と脇の違い】

センターと同じ感覚で脇を育成すると失敗する。失敗するというか上振れ引かないといつまでたってもノートでこけて、完成しない

1300や1400にしないといけない訳ではないので、しっかりSPが供給できれば良い
そこまで難しいチャレンジをしない安全運転でも及第点のアイドルはできる、それがイルミネの魅力

★3は2冊目標でも、十分ステを伸ばせる

7t-3E_Cn.jpg
fHQOTCUC.jpg

★3ノート2冊で完成した現在のリーダー用の凛世
イルミネの配置と限定スキルのツモに恵まれ、3冊相当かそれ以上の出来に

特に智代子はバフを採用するならステは最も妥協できる枠なので、ボーカルDOWNが出るまで粘りたい

ケースバイケースでの選択肢としてノートの妥協、破棄、体力に余裕があっても配置が微妙ならノートを始める前に休みを取る、など立ち回りの引き出しを増やすのが大事

★1ViSPの次の択は★2ViVoだけじゃなく、★1ノートでお茶を濁す択もある

上で紹介した夏葉の場合、SPノート★2の1枚目を終えたところで★3をツモ、1ページ目が1回で埋まる配置だったのでノートを破棄して★3を成功させている

また、最後に何週か残ると、コンプリートの回復を活かして行動する事ができ、足りないステータスをレッスンやノートの1枚目で補える事もあるので余裕を持てるとステの伸びに繋がる
ノート埋めのシーズンプランはそこも計算に入れたい

とにかく回数やって慣れるのが大事

感謝祭やグレフェスでの実際の立ち回りはツイや動画にもっと詳細が乗ってたりします、とりあえず終わり
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

龍一

Author:龍一
モバマスS8
シャニマスグレ7

シャニのブログはエアプが多い中、当ブログは本質情報を提供するブログです

※当ブログはリンクフリーです

筆者のtwitter

フォローしてね!